HOME>採用される面接編

面接に不可欠なオリジナリティと熱意


面接に不可欠なオリジナリティ

面接とは、人が人を見ることで、合否の判定がなされるものです。このため、面接担当とのコミュニケーションの中で、好印象を与えることができれば、そして企業の求める素材が備わっていることをアピールすることさえできたなら、採用確率を飛躍的に高めることができます。

慣れないと面接では緊張してしまうことがあるかもしれません。また、覚えた原稿を棒読みするかのような対応しかできずに面接に失敗したという方もいらっしゃることでしょう。

面接についての対応は、予め調査すべきですが、雛形をそのまま読み上げるのは避けたいものです。なぜなら面接担当者は、度重なる面接を経験しているはずであり、雛形のトークは熟知しているはずだからです。このため、面接についての対応は、雛形をベースにしたとしても、必ず自ら考えたものである必要があります。つまり、オリジナリティがどうしても必要なのです。

このオリジナルな対応の中で、コミュニケーション能力や創造性などを相手に伝えることができたなら、採用確率は高まることでしょう。

熱意を伝えることも必要

また、面接は人と人とのやりとりによってなされることから、あなたの持つ熱意を、相手に伝えることさえできれば、面接担当者に対して、好印象を残すことができるはずです。

人は、熱意ある人間に引かれるものです。しかも、採用担当者が、面接にやってきた人間に対して、仕事に対する熱意を強烈に感じることができたとしたならば、この人間を落とす理由がないはずです。このように、面接には熱意を持って臨むことも、重要なポイントとなるのです。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

本サイトへのアクセスありがとうございます。本サイトでは、就職や転職などの活動をスムーズかつ効果的に進めるための成功戦略について、あらゆる側面から解説を進めてまいります。昨今新卒の就職率はかなり高くなってきている一方で、学歴によっては、いまだ困難な状況に直面する方も少なくないようです。また、転職においては過酷な状況にあり簡単に次を探すことができないなどの問題もあります。就職や転職でご苦労されている方であれば本サイトは、大いに役立つものと考えています。

カテゴリ一覧


採用される面接編