HOME>採用される面接編

面接で重要となる第一印象


面接においては第一印象が重要

面接において、第一印象は、合否を左右するほどに重要なものとなります。人間のイメージは、第一印象において決定付けられてしまうことが少なくなく、このイメージは、長期に渡り覆されることがないからです。

また、第一印象がよければ、面接におけるやりとりも、すべて好意的に受け止められる傾向にあります。一方で第一印象が悪ければ、まったく同じ事を面接官と話したとしても、すべて否定的に取られてしまうことがあります。このため、面接における第一印象は、採用か不採用かを左右する瞬間でもあるわけです。

ある程度のキャリアを持ち、学歴にも問題がないにも関わらず、数多くの面接試験に臨むものの、なかなか採用とならない人の多くは、良好な第一印象を人に与えることができていないことが少なくありません。

第一印象は、主に表情、話し方、身だしなみによって良くも悪くもなるものです。このため、第一印象として良好な印象を相手に与えるためには、この点に十分に配慮します。

まず最初の表情としては、誠実な印象を与える笑顔が必要となります。笑顔は人に対して警戒心を解く効果を持ちます。ごく自然に笑顔を作ることができるように予め鏡を見ながら練習をしておくと良いでしょう。

次の話し方については、流暢に会話を進めることができなかったとしても、ハキハキと応じることで、堅実さをアピールすることが可能となります。面接官の質問に答える際には、柔らかい笑顔で、相手の目を見てハッキリとした口調で応対することで、良好な印象を与えることができることでしょう。

気をつけたい身だしなみと髪型

身だしなみについては、クリーニングされ、しっかりとプレスがかかったスーツとワイシャツ、ネクタイの結び方も曲がっていないかを確認します。靴下は必ず黒を選択します。意外にも原色の靴下をはいている人を見かけますが、この部分だけで面接に落とされることさえあります。また、靴も黒のビジネスシューズが無難です。面接前にしっかりと磨きます。

髪型にも気を使いたいものです。面接の前に理髪店により、髪を短めに切ります。さらには、無精ひげなどがないようにしっかりと髭を剃っておきましょう。

これらすべてに気を使うことで、第一印象を飛躍的に良好にすることが可能となります。

なお、面接官に対して良好な第一印象を与える究極のコツが存在します。それは、これまでのすべてを遵守した上で、面接官を自分の恩師であると自分に言い聞かせることです。人は自分に好意を持つ人間に対して好印象を持つ傾向にあるからです。是非、試していただきたい戦略です。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

本サイトへのアクセスありがとうございます。本サイトでは、就職や転職などの活動をスムーズかつ効果的に進めるための成功戦略について、あらゆる側面から解説を進めてまいります。昨今新卒の就職率はかなり高くなってきている一方で、学歴によっては、いまだ困難な状況に直面する方も少なくないようです。また、転職においては過酷な状況にあり簡単に次を探すことができないなどの問題もあります。就職や転職でご苦労されている方であれば本サイトは、大いに役立つものと考えています。

カテゴリ一覧


採用される面接編