HOME>採用される面接編

面接で嫌われるタイプを把握しておく


面接においては、嫌われやすいタイプがあります。あなたがもしこのタイプに該当している場合には、是非ともその部分を是正する必要があります。

面接官は、さまざまな質問をあなたにすることでしょう。そしてあなたがそれに答える際、答える内容を判断材料とすると同時に、あなたの本質を見抜こうとします。この際に、採用にそぐわないタイプと判断されてしまうと、採用確率は一気に下がります。

面接において嫌われるタイプを以下にまとめておきます。

面接でしてはならないこと

1)横柄な態度をとる

2)自意識過剰である

3)積極性に欠ける

4)的確な敬語を使えない

5)ネガティブな発言が多い

6)話に内容がない

面接においての貧乏揺すりや腕組みなどは論外ですが、常に横柄な態度を取っている人は、面接に置いてもそれが出てしまうことがあります。また、面接官の質問を遮ったり、自己中心的な発言などは、総じて面接官に悪い印象を与えます。逆に、何を聞かれても小さな声でボソボソと答えたり、ネガティブなことを言う、下を向いて話すなどの対応もまた、面接官の印象を悪くします。

さらには、あれこれと答えているものの、内容がまったくない場合、能力不足といった印象を与えかねません。聞かれたことには、的確に元気良く答える必要があります。

面接に臨む場合、自分の態度が上記項目に該当しないかを十分に確認しておきましょう。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

本サイトへのアクセスありがとうございます。本サイトでは、就職や転職などの活動をスムーズかつ効果的に進めるための成功戦略について、あらゆる側面から解説を進めてまいります。昨今新卒の就職率はかなり高くなってきている一方で、学歴によっては、いまだ困難な状況に直面する方も少なくないようです。また、転職においては過酷な状況にあり簡単に次を探すことができないなどの問題もあります。就職や転職でご苦労されている方であれば本サイトは、大いに役立つものと考えています。

カテゴリ一覧


採用される面接編