HOME>採用される面接編

年代によって異なる求められる人材


年齢によって企業が期待する能力は異なる

これまで企業が求める人材について詳しく見てきました。これらはどのような年齢層であったとしても、ほぼ共通して問われる素材だといえるでしょう。よってこれらの点については、十分に理解し、対応を考えて面接に望む必要があります。

なお、あなたの年齢によって企業が注視するポイントが若干異なる部分があります。企業が20代のあなたに、過去の組織管理能力を要求することはできませんし、逆に40代のあなたに、20代を上回る体力を求めるわけにもいかないからです。つまりそれぞれの採用年齢によって、採用人材のニーズが若干異なるわけです。あなたはこの点についても、あらかじめ把握しておく必要があります。

企業が新卒者および20代に求める能力

あなたが20代である場合、当然のことあなたの持つスキルは限られているはずです。転職者であり、すでに大きな実績を持っているのであればそれをすべて伝えるべきですが、新卒者の場合はそれがありません。このため、企業ではスキルよりも、むしろ仕事に対して前向きに取り組むことができるか否かを注視するはずです。仕事を通じたスキルアップを望む人材を、企業は求める傾向があります。よって、仕事中心に人生を考え、その中でスキルをできるだけ高めていきたいという意志を提示すると、採用確率をアップさせることができることでしょう。

企業が30代に求める能力

あなたが30代である場合、採用試験、および面接は転職者として臨むことになるはずです。よって企業側においては、転職者たるあなたの能力を問うことになります。実は30代の転職組は、企業にとってもありがたい存在だといえます。一通りの社会的ルールやプロとしての能力を持っていることに加え、これまで得たスキルを、即戦力として使うことができるはずだからです。ただし、30代の場合、まだ若い部分も残っていることから、既存社員とうまくやっていけるかを気にする企業もあることでしょう。このため、スキルの強調と同時に、コミュニケーション能力に長けており、既存社員の中にうまく溶け込めることをアピールしておきたいところです。また、即戦力として使えるとなれば、近い将来部下を引っ張っていく立ち位置でも、能力を発揮したいと願うはずです。このため、同時に指導力についてもチェックされる可能性があります。

よって、スキル、コミュニケーション能力、指導力について、面接試験でアピールできるシナリオを用意しておくことで、採用確率を上げることが可能となります。

企業が40代に求める能力

40代以降の場合、大学を卒業してから、少なくとも20年程度の実務経験があるわけですから、企業はその実務経験を注視します。また、この実務の中には、当然の事ながら管理者としての実績も含まれるはずであり、その点についても面接で重要視されることでしょう。

ただし、単に管理をしてきたというだけでは、採用は難しくなります。たとえば前職で営業部長のポストについていたという方でも、叩き上げか否かは必ず問われることになります。

「営業部の管理はできるが、今更営業マンとしては動けない」

というのであれば、採用はまず難しくなります。

一方で、前職では一から営業部を立ち上げ、当初は自分のみで新規開拓に奔走、結果として営業部を大きく育て上げ高い売上を叩き出した実績があれば、そして、採用企業においても、同様に自分一人から始めたとしても、必ず高い売上を叩き出す部を作り出す決意であるならば、企業はすぐにでも採用したいと考えるはずです。この差については、十分に理解しておく必要があります。

なお、40代採用の問題点として、採用企業の社風や雰囲気にとけ込むことができるかについて、企業側は気にするはずです。一人の採用が企業の空気を大きく損ねるリスクがあるからです。このため、コミュニケーション能力もあり、新たな雰囲気にも自然にとけ込むことができる点についてアピールしておく必要がありそうです。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

本サイトへのアクセスありがとうございます。本サイトでは、就職や転職などの活動をスムーズかつ効果的に進めるための成功戦略について、あらゆる側面から解説を進めてまいります。昨今新卒の就職率はかなり高くなってきている一方で、学歴によっては、いまだ困難な状況に直面する方も少なくないようです。また、転職においては過酷な状況にあり簡単に次を探すことができないなどの問題もあります。就職や転職でご苦労されている方であれば本サイトは、大いに役立つものと考えています。

カテゴリ一覧


採用される面接編