HOME>損をしない会社の辞め方編

退職前には有給休暇をフルに消化しよう


有給休暇の残日数を確認しよう

昨今では有給消化率もかなり向上してきているようですが、それでもまだ有給が支給されるもののそれを消化する雰囲気が社内にないという会社も少なからずあるようです。

もともと有給休暇の取得権利は労働基準法に定められており、企業ではこの法律に則る形でかならず有給休暇を支給する必要があります。

基本的には、会社に6ヶ月以上勤務するとともに、前年の全労働日の8割以上、入社6ヶ月の場合にはその期間の8割以上出勤すれば、1年で10日は最低限でも有給休暇を取得できることになります。また、有給休暇は通常、勤続年数とともに徐々に年間の支給日数が増えていくものです。

このため、仮に業務が多忙であったり、有給を取りにくい雰囲気の会社であれば、そして勤続年数が長い場合には、多くの有給休暇が消化しきれずに残ってしまっていることでしょう。

できればすべて消化したい有給休暇

さて、あなたの退社が仮に決定した際に、この有給休暇が多く残っているのであれば、退職する最終日までの間に、このすべてを消化することが可能です。

実際には業務の引継など多くの作業によってフルには休めないかもしれませんが、それでも、折角ある有給休暇なのでなるべく消化してから退職したいものです。また、どうしても消化しきれない場合には、有給休暇を会社に買い取るように要求することも可能です。

もともと雇用主は、有給休暇を雇用する労働者から買い取るなどしてはならないことになっていますが、退職時に消化しきれない有給休暇についてはこの限りでないとしています。

よってもし企業側が応じるのであれば、消化しきれない有給休暇は、企業側に買い取るように交渉してみるのも良いかもしれません。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

本サイトへのアクセスありがとうございます。本サイトでは、就職や転職などの活動をスムーズかつ効果的に進めるための成功戦略について、あらゆる側面から解説を進めてまいります。昨今新卒の就職率はかなり高くなってきている一方で、学歴によっては、いまだ困難な状況に直面する方も少なくないようです。また、転職においては過酷な状況にあり簡単に次を探すことができないなどの問題もあります。就職や転職でご苦労されている方であれば本サイトは、大いに役立つものと考えています。

カテゴリ一覧


損をしない会社の辞め方編