HOME>損をしない会社の辞め方編

退職とボーナス支給日について


退職時にはボーナス支給日を意識しよう

ボーナスは、比較的まとまった金額が支給されるため、退職の際には、ボーナス支給日を考慮する必要があります。できればボーナス支給日を待ってから退職することが望ましいわけですが、それ以前に転職先が決まってしまうこともあることでしょう。

「来月ボーナスが入るのになあ」と思いつつ退職するのは少々もったいない感もあります。

このような場合は、会社の就労規則を再確認することで、退職後でもボーナスを受け取れることがあります。

もともとボーナスには、これまでの労働や実績の対価報酬という意味合いと、今後の労働の奨励の意味合いが含まれています。このため、労働に対する対価報酬としては、理論上受け取る資格を有している場合があるわけです。

会社の就労規則内賞与の支払いに、「その支給日に在籍した者のみに支払われる」と記されている場合には、交渉の余地はありませんが、この一文が欠けている場合には、会社にボーナスを要求することで、その一部でも受け取ることのできる可能性が発生します。

ダメもとで掛け合ってみるのも、手ではあります。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

本サイトへのアクセスありがとうございます。本サイトでは、就職や転職などの活動をスムーズかつ効果的に進めるための成功戦略について、あらゆる側面から解説を進めてまいります。昨今新卒の就職率はかなり高くなってきている一方で、学歴によっては、いまだ困難な状況に直面する方も少なくないようです。また、転職においては過酷な状況にあり簡単に次を探すことができないなどの問題もあります。就職や転職でご苦労されている方であれば本サイトは、大いに役立つものと考えています。

カテゴリ一覧


損をしない会社の辞め方編