HOME>損をしない会社の辞め方編

失業給付金を受けるための手続きとは


失業給付金を受けるためには

失業給付金は、給付給資格がある方であっても、退職後に無条件に受けられるわけではありません。失業給付金を受け取るためには、自分の居住地区を管轄するハローワークへ必要書類を持参して手続きを行う必要があります。

会社を退職すると、退職日からおおよそ10日程度で離職票が届くはずです。まずこの離職票を確認する作業から始めます。離職票に記載された退職理由が「自己都合」か「会社都合」のいずれかを確認し、事実と異なるようであれば会社に問い合わせる必要があります。先にも記している通り退職理由によって給付日数や給付開始日が大幅に異なることになるからです。また、10日程度経過しても離職票が届かない場合も、会社に問い合わせる必要があります。離職票がなければ、失業給付の手続きを行うことができないからです。

なお、失業給付金給付手続きに必要な書類を以下にまとめます。

手続に必要な書類

・雇用保険被保険者証(退職時に会社から渡される。ハローワークでの再発行も可能)

・離職票(退職後10日程度で会社から届く。届かない場合は会社に催促する)

・印鑑(実印である必要はない)

・住民票の写しか運転免許証(現住所と年齢の確認に必要)

・写真1枚(縦3cmx横2.5cm程度の正面上半身が写ったもの)

・本人名義の普通預金通帳(郵便局・銀行)

失業給付受給手続

上記書類を揃えた上で、所轄のハローワークへ出向きます。

失業給付金を受けるためには、まず「求人の申し込み」を行う必要があります。雇用保険とは、働く意志を持ち働ける状態の人が次の職を得るまでの支援を目的としているためです。ただし、ハローワークから後に紹介される職にかならず付かなければならないことはありません。

求人の申し込みは、必要書類に加えてハローワークで作成する求職票とともに、担当窓口に提出し、簡単な面談を受けることで完了します。そしてこの申し込みが受理された段階で、失業中であることが認められ、条件に対応する給付金を給付される資格を得ることになるわけです。

なお、失業中が認められた日を、受給資格決定日と呼びます。

受給資格決定日が決定されると、即日次の出頭日が提示されるはずなのでそれに従う必要があります。初回の出頭日には、受給方法などの説明会が行われるはずです。

なお、受給資格決定日から7日間は、待期と呼ばれる期間であり、この後に説明会が開催されるので次回の出頭日までは1週間以上の期間が設けられるはずです。また、この出頭日にはかならず出席する必要があります。初回の説明会において、雇用保険受給資格者証と失業認定申請書が渡されるとともに、受給方法などの説明が行われるためです。

また、初回の出頭日以降は、4週間ごとの出頭が指示されるはずです。出頭日は認定日であることから、これを無断で欠席すると、失業給付を受けられなくなることもあります。万が一急用ができた場合には、必ず事前に連絡を入れる必要があります。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

本サイトへのアクセスありがとうございます。本サイトでは、就職や転職などの活動をスムーズかつ効果的に進めるための成功戦略について、あらゆる側面から解説を進めてまいります。昨今新卒の就職率はかなり高くなってきている一方で、学歴によっては、いまだ困難な状況に直面する方も少なくないようです。また、転職においては過酷な状況にあり簡単に次を探すことができないなどの問題もあります。就職や転職でご苦労されている方であれば本サイトは、大いに役立つものと考えています。

カテゴリ一覧


損をしない会社の辞め方編