HOME>採用される面接編

企業が求める人材1・コミュニケーション能力に長けた人材


コミュニケーション能力を重視する企業が増えている

最近になって、採用面接で重要視される項目として急浮上したのが、コミュニケーション能力です。昨今の企業においては、上下関係や同僚、部下とのコミュニケーションを円滑に取ることのできない人材が目立ち始めてきています。

このため、企業としては社内で働く上で、上司や部下とのコミュニケーションを円滑に図ることのできる人材を求めるようになりました。この傾向をいち早く察知した大学では、新たにコミュニケーション学科を創設し、コミュニケーションを学問として専門に学ばせようとする動きまで出始めているほどです。また、コミュニケーション能力のある人間は、協調性や適応力も持ち合わせているものです。これらもまた、企業にとっては非常に重要な能力とされています。

このため、面接においては、自分がコミュニケーション能力に長けていることを、それとなくアピールしておく必要があります。演出はさほど難しくはありません。

コミュニケーション能力に長けた人材の演出

面接において、コミュニケーション能力に長けていることを、それとなく演出するのに最も簡単な方法は、笑顔です。笑顔とは、コミュニケーションを円滑に図るための最も基礎的な、それでいて最も重要な要素となります。

面接担当と向き合って座り、何らかの質問を受けたなら、相手の目をしっかりと見ながら、適度な笑顔を作り、元気よく答えます。また、面接担当から「お友達は多いですか?」といった質問を受けたなら、その際には幼なじみ、高校時代の友人、大学時代の友人、趣味を通じて仲良くなった友人など、多くの友人と楽しい時間を過ごすことが多いことを笑顔で答えておきます。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

本サイトへのアクセスありがとうございます。本サイトでは、就職や転職などの活動をスムーズかつ効果的に進めるための成功戦略について、あらゆる側面から解説を進めてまいります。昨今新卒の就職率はかなり高くなってきている一方で、学歴によっては、いまだ困難な状況に直面する方も少なくないようです。また、転職においては過酷な状況にあり簡単に次を探すことができないなどの問題もあります。就職や転職でご苦労されている方であれば本サイトは、大いに役立つものと考えています。

カテゴリ一覧


採用される面接編