HOME>損をしない会社の辞め方編

会社を辞める前のチェック項目


今なお厳しい転職事情

昨今では若干緩和してきているものの、就職事情には厳しいものがあります。とくに再就職、転職の場合はなおさらです。

このため、次の就職先を探す段階になってなかなか次が決まらずに、時間だけが過ぎ去っていくという事態を想定しておく必要があります。

実際に思うような就職先が決まらずに、フリーターや派遣社員を選択せざるを得ない人も現在では決して少なくありません。時間だけが過ぎるだけであれば問題はないでしょうが、生きるためにはお金が必要です。給料がまったくない時間は、貯金を切り崩して生活する必要があります。また、貯金がなければ借金が増えていくことになり、人生設計における大きな傷害ともなりかねないのです。

このため本来であれば、次の就職先が決定した時点で、現在の会社を退社したいものです。

しかしリストラなどどうしても避けられない事態において会社を辞めざるを得ない事態に直面することもあることでしょう。

会社を辞める際の確認事項

会社を辞める前には、最低限確認しておくことがあります。

まず第一に、あなたが雇用保険の被保険者であるかの確認です。一般的な会社であれば、雇用保険の加入は義務づけられていることから問題ありませんが、アルバイトや零細企業などでは、雇用保険に加入していない場合もあります。

第二には、雇用保険の給付資格をあなたが有しているかの確認です。

雇用保険に加入していたとしても、あなたに給付資格があるかを確認する必要があります。これについては次で説明を進めます。

また、退職するタイミングや退職理由によって、給付開始時期や支給期間が異なります。

通常、雇用保険としてお金が支給されるのは、驚くことに退職の4ヶ月後になります。

第三として、雇用保険を利用するにしてもそのお金が支給されるまでの間の生活費が確保できているかという点を確認する必要があります。運良く次の仕事が見つかれば問題ありませんが、それでも退職後から探すとなると、1ヶ月ほど給料がない期間を自力で乗り切らなければなりません。

「なんとかなるだろう」で退職すると、後に頭を抱えることになるので、退職の際にはこれらのことについて十分に理解し計画を立てておく必要があるのです。

なお、雇用保険については、その詳細を随時説明していくことにします。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

本サイトへのアクセスありがとうございます。本サイトでは、就職や転職などの活動をスムーズかつ効果的に進めるための成功戦略について、あらゆる側面から解説を進めてまいります。昨今新卒の就職率はかなり高くなってきている一方で、学歴によっては、いまだ困難な状況に直面する方も少なくないようです。また、転職においては過酷な状況にあり簡単に次を探すことができないなどの問題もあります。就職や転職でご苦労されている方であれば本サイトは、大いに役立つものと考えています。

カテゴリ一覧


損をしない会社の辞め方編