HOME>採用される面接編

ビジネスマナーを厳守する必要性


絶対に必要な最低限のビジネスマナー

先に面接においては、第一印象が非常に重要となることについてふれています。第一印象を良くすることで、面接試験の合格確率を飛躍的に上げることが可能となります。しかし同時に、重要なものとしてビジネスマナーの存在があります。

実社会で仕事をする上では、ビジネスマナーを厳守することが必要です。このため、最低限のビジネスマナーを知り、それを守ることができているか否かは、面接試験の重要な要素となります。

面接においての不可欠となるビジネスマナーは、いくつかあります。これらは最低限押さえておく必要があるでしょう。

面接において自分の名前が呼ばれたら、「はい」と答えて面接室に向かいます。まずドアをノックし「どうぞ」と面接室から声が帰ったら、「失礼します」といい静かにドアを開けます。この際優しく柔らかい笑顔を心がけましょう。

入室してドアを静かに閉めたなら、ドアの前に立ち、面接官と視線を合わせてから、笑顔で名前を名乗り「よろしくお願いします」と一礼します。面接官から「こちらへどうぞ」と声がかかったなら、いすの左脇まで背筋を伸ばしてしっかりと歩き、イスの左脇に立ち、再度「よろしくお願いします」と一礼します。イスには面接官が進められた後に、静かに座るようにします。

ごく一般的なマナーです。しかしそれだけに、これらが自然にできない場合、常識がないと判断されてしまうことがあるので、自然にできるように予め練習をしておくと良いでしょう。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

本サイトへのアクセスありがとうございます。本サイトでは、就職や転職などの活動をスムーズかつ効果的に進めるための成功戦略について、あらゆる側面から解説を進めてまいります。昨今新卒の就職率はかなり高くなってきている一方で、学歴によっては、いまだ困難な状況に直面する方も少なくないようです。また、転職においては過酷な状況にあり簡単に次を探すことができないなどの問題もあります。就職や転職でご苦労されている方であれば本サイトは、大いに役立つものと考えています。

カテゴリ一覧


採用される面接編