ハローワークインターネットサービスを用意していることから、ハローワークに出向かなくても、仕事探しをすることができます。" /> Web検索も可能なハローワーク求人情報 - 就職転職成功戦略ガイド
  HOME>ハローワーク徹底活用編

Web検索も可能なハローワーク求人情報


ハローワークインターネットサービスの検索画面

ハローワークでは、Web検索が可能なハローワークインターネットサービスを用意していることから、ハローワークに出向かなくても、仕事探しをすることができます。

ただし、求職番号を取得しておかないと、参照情報に制約がかかります。また、希望の企業が見つかった場合でも、応募する際には、紹介状がひつようとなることから、一度はハローワークへ足を運び、ハローワークカードを取得しておくと良いでしょう。

ハローワークインターネットにおいて、仕事を探す場合には、上記リンクからサイトへと移動します。そしてトップ画面の中の「求人情報検索」をクリックすると、情報検索画面へと画面遷移するので、ここに必要情報を入力していきます。

1)求職登録有無

ハローワークに求人登録している場合には、「ハローワークに求職登録している」をチェックして、求人番号を入力します。求人番号は、半角数字5桁+半角数字8桁以内の構成となっています。また、求職登録をしていない場合には、「ハローワークには求職登録していない」にチェックを入れます。

2)求人情報の種類

あなたご自身の情報を入力します。「一般(フルタイム)」「一般(パート)」「学生」の中から選択し、該当箇所にチェックをします。

3)派遣・請負

次に派遣ならびに請負の仕事を、検索から除外するかを設定します。正社員を希望する場合には、「派遣・請負を除く」にチェックを入れてください。この部分にチェックがないと、派遣や請負の仕事についても検索されることになります。

4)賃金

希望する賃金を月給または時給で入力します。先の「求人情報の種類」において「一般(フルタイム)」を選択した場合は月給を「一般(パート)」「学生」を指定した場合は、時給を入力することができるようになっているはずです。月給の場合は、その額が手当などを含むか否かを指定することもできます。

5)希望する職種

希望する職種を、プルダウンメニューから選択します。メニューにはおおまかなカテゴリが表示されます。また、そのカテゴリにどのような詳細分類が含まれるのかを確認したい場合には、「職業分類コード一覧」のリンクをたどることで知ることが可能です。

6)都道府県/市区町村名

次に希望する就業場所を指定します。プルダウンから都道府県を選択した後、市区町村名を入力します。一度に5つまでの住所を指定することができます。より広範囲に探したい場合、複数の就業場所を指定すればよいでしょう。また、特定地域に限定して仕事を探したい場合には、その都道府県名や市区町村名を入力します。

7)年齢

現在のあなたの年齢を入力します。求人情報の種類において「一般(フルタイム)」「一般(パート)」を選択した場合のみ、検索条件に設定することが可能となります。

8)新着求人

検索結果の指定です。「最新の求人情報から検索する」をチェックすることで、文字通り最新の求人情報から検索されます。求人情報は数多くヒットしますが、求人から時間が経過しているものについては、既に採用が決定していたり、検討段階に入っているものもあるかもしれません。このため、求人してから間もない情報を検索する必要性もあるものです。このような際にチェックを入れます。

9)希望する産業

先に職種を指定していますが、ここでは希望する産業をプルダウンメニューから指定します。たとえば営業職であったとしても、情報通信業の営業と教育産業の営業では大きく異なるはずです。これまでにスキルを積み重ねた産業を指定する、もしくは今後拡大が予想される市場を持つ産業を指定するなど、それぞれの使い方が考えられます。

10)最終学歴

最終学歴をプルダウンメニューから指定します。なお、この項目は、「求人情報の種類」において「学生」を選択した場合のみ検索条件に設定できるようになっています。

11)既卒者の応募

既卒者の応募可をチェックします。「求人情報の種類」において「学生」を選択した場合のみ、検索条件に設定できます。 なお、卒業後の応募可能な年数は、求人ごとに異なります。

すべての必要項目を指定したら、画面下の「検索」をクリックすることで、対応する求人情報を得ることができます。

また、あらかじめハローワークで求人番号を控えてあり、その情報を再度確認したい場合には、画面下の「求人番号検索」部分を利用します。まず、「求人登録有無」において、ハローワークに求人登録をしている場合には、ハローワークカードに記載されている求人番号を入力します。また、次に控えておいた求人番号を入力することで、直接その求人と会社情報を参照することができます。

求人情報一覧

さて、先の画面で求人情報を検索すると、対応する情報が表示されることになります。表示内容は、全利用者に提供される情報と、ハローワークの求職申込者に限定して提供される情報があります。ハローワークの求職申込者、つまりハローワークカードを持っている利用者であれば、すべての情報を閲覧することが可能です。

検索結果は、求人情報が、求人番号、職種、雇用形態/賃金(税込)、就業時間/休日/週休二日、産業、沿線/就業場所、受理日の情報とともに表示されるので、この一覧の中から、面接を受けたい情報をピックアップすることになります。

また、求人番号の部分をクリックすることで、対応する求人情報の詳細情報を参照することができます。

この情報の中で、面接を受けたいとおもうものがあったなら、その求人番号をひかえて、ハローワークへ出向くことで、紹介状を発行してもらえるので、履歴書と職務経歴書を添えて、企業に郵送することで、面接を受けることが可能となります。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

本サイトへのアクセスありがとうございます。本サイトでは、就職や転職などの活動をスムーズかつ効果的に進めるための成功戦略について、あらゆる側面から解説を進めてまいります。昨今新卒の就職率はかなり高くなってきている一方で、学歴によっては、いまだ困難な状況に直面する方も少なくないようです。また、転職においては過酷な状況にあり簡単に次を探すことができないなどの問題もあります。就職や転職でご苦労されている方であれば本サイトは、大いに役立つものと考えています。

カテゴリ一覧


ハローワーク徹底活用編