HOME>ハローワーク徹底活用編

まずハローワークとは何かを知る


ハローワークとは

主に転職の場合に活用すべき機関に、ハローワークの存在があります。ハローワークとは、厚生労働省によって設置された行政機関であり、国民に安定した雇用機会を確保することを目的として設置ならびに運営がなされています。ハローワークの正式名称は、公共職業安定所ですが、旧労働省が公共職業安定所の愛称を募集し、その中から選ばれた名前である「ハローワーク」が、1990年から用いられるようになりました。

国の行政機関であることから、無料で職業の紹介や転職指導などを受けることが可能です。また、ハローワークは、失業給付なども行っていることから、前職において失業保険に加入していた場合には、失業給付を受けながら、仕事を探すことができます。

ハローワークは、全国に540箇所以上設置されていることから、誰もが最寄のサービスを享受することができます。

ハローワークのサービス内容

次に、ハローワークのサービス内容について見ていくことにしましょう。

ハローワークにおいては、当然のことながら仕事を探すことができますが、これにもいくつかの方法が用意されています。

たとえば、窓口に出向いて、相談を受けながらも自分に適した仕事を紹介してもらうことができる一方で、端末を利用し、インターネットによる求人情報検索を自分で行うことも可能です。基本給の額や仕事内容、仕事条件、採用年齢などを検索条件として、仕事を絞り込んでいくことも可能です。

仮に、応募したい仕事が見つかった場合には、その情報を印刷して窓口で相談することで、会社への面接のアポイントなどを直接取ることもできます。

一方、仕事探し以外にも、適職診断や、個別相談、履歴書などの応募書類指導、模擬面接などを受けることも可能です。ただしこれらの指導には、電話予約が必要となります。

また、就職に役立つセミナーなども随時開催されているので、これらに参加することも可能です。就職に必要な資格経験や職業訓練コース等の情報提供を受けることもできます。

また、ハローワークでは、雇用保険の手続きを行うことも可能です。失業等給付、就職促進給付、教育訓練給付、雇用継続給付として、高年齢者雇用継続、育児休業、介護休業など、条件に合致すれば、さまざまな給付を受けながら、仕事を探すことが可能となります。

これらのサービスの多くを、ハローワークでは無料で受けることができることから、是非とも有効に活用されるとよいでしょう。

Sponsored Link

前ページ次ページ

Profile

本サイトへのアクセスありがとうございます。本サイトでは、就職や転職などの活動をスムーズかつ効果的に進めるための成功戦略について、あらゆる側面から解説を進めてまいります。昨今新卒の就職率はかなり高くなってきている一方で、学歴によっては、いまだ困難な状況に直面する方も少なくないようです。また、転職においては過酷な状況にあり簡単に次を探すことができないなどの問題もあります。就職や転職でご苦労されている方であれば本サイトは、大いに役立つものと考えています。

カテゴリ一覧


ハローワーク徹底活用編